スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.01.31 Friday
  • -
  • by スポンサードリンク

中央通り商店街:惣菜大学

商店街入り口近くに御総菜屋さんがありましたが閉店しているようでした。
スタッフは見ていると思いますが少しイメージが違います。


あくまで推測ですが撮影場所ではなくスタッフブログ撮影場所のすぐ近くに肉屋があるのですが、
そこで唐揚げなどの惣菜を販売しております。
近所の八十神高校も近くですし記事内容から放課後と見て下校途中の生徒達の買い食い姿を見ていたのではないでしょうか。
店名は控えさせて頂きますがスタッフブログの写真の近くには肉屋は一件しかないので聖地巡礼の際に訪れると良いかもしれません。
私も記事を書いている時に気付いたので今度行ってきます。


中央通り商店街:辰姫神社

夏祭やら除夜の鐘やら直斗やらのイベント満載の辰姫神社ですがスタッフブログの撮影場所近くの神社がモデルかと。


お祭りが出来ない程小さな神社ですが位置的にはここでしょうか?




キツネのコミュをMAXにすると鳥居が金色になります。
金色の鳥居なんて…と思いきやありました!



ありましたよ!
私は取材するまで全く知りませんでしたが近所では有名みたいですね。
上品な金色の鳥居でした。



御神体は富士山の女神である木花咲耶姫…コノハナサクヤだって?!
雪子のペルソナであるコノハナサクヤでした。
まさかこんな所で一致が…場所は八十神高校のモデルと推測される高校の裏にあります。



余談ですが神社境内にジャングルジムがありました。
この色と形は!
エリザベ………月江にジャングルジムとか偶然ですね



中央通り商店街:巽屋

我らが完二の自宅である巽屋である染物屋らしき建物を商店街入り口付近で発見しました。
雰囲気が巽屋です。


店内の撮影はしませんでしたが染物布で作られた人形などをショーウィンドウに飾っておりました。
完二に作った完二の作った完二の作った…。
このお店は作中と同じく歴史ある様に見えました。
店内に入れば良かったと後悔しておりますが、
この様な雰囲気のお店は入り難いです。



八十神高等学校

主人公達の通う八十神高等学校のモデル校と思われる高校を撮影しました。


……掲載控えさせて頂きます。
私立のとても規律校則厳しい学校であるため掲載許可を取っておらず掲載不可とさせて頂きます。


こちらの記事と写真から推測出来るスタッフ達が眺めていた高校は1つしかありません。
ヒントは富士急行線の月江駅から徒歩5分内にある私立高校です。
富士吉田市内に私立高校は1つだけですので、すぐ分ると思います。

学校の雰囲気ですが八十神高校みたいに自由ではなく髪から制服鞄までカッチリとした厳しい学校です。
制服はモスグリーンのブレザーなので千鳥格子デザインのセーラーや学ランはオリジナルですね。
この学校は古くから知っておりましたが、作中とのイメージがかけ離れているので気付きませんでした。
校舎外観は平凡ですが仏教系の高校なので敷地内に寺や墓地があるのが特徴です。

下校時には教師達が見回りしていたはずなので、
よく不審者がられなかったと驚きました。



その他

中央通り商店街と八十稲羽駅周辺考察

考察の元のなった下記公式記事です。


ブログの画像と同じになる様なアングルで撮影しましたが時間が4年経過だけあり変わってしまいました。

この画像の付近に愛家や惣菜大学に八十神高校のモデル校と思わしき学校もあるので、
月江寺商店街入り口から月江寺駅を目指せば雰囲気や場所は掴めると思います。


写真右手には交番があります


撮影時には看板もかなり劣化してしまいました。

スタッフブログに写真掲載された時点で場所が解った方は相当この付近に詳しい人だと思います。
私は地元でないにしろ生活圏内でしたが気付きませんでした。
言われないと絶対分らないでしょう。

不思議だったのがスタッフが東京から中央道を西に西に〜の一文で、
この場所は彷徨ったり高速から見える場所か?
という疑問が湧きました。
周囲に訊き込み調査をしましたが自論でもこの場所は高速道路から見える場所ではない、
漂って辿り着く場所ではないです。
中央道から国道を使っても中々辿り着くのは難しい場所です。
もしやスタッフの中に知っている人が居たのでは?
が私の中の結論です。


八十稲羽駅のモデルである石和駅周辺ですが富士吉田市から車で約1時間掛ります。
険しい峠を越えて行かねばならない、なんとなくでは辿り着けない場所です。
東京都心から1時間半ほどで来られる温泉街として有名な石和をスタッフはすでに知っていたと思います。
中央通り商店街と八十稲羽駅のどちらかが先かは分かりませんが、
どちらにせよ地理に縁のある人がスタッフに居たのではないかと思いました。
ちなみに八十稲羽駅や石和温泉街は公式にありませんでしたね。



四六商店
中央通り商店街考察

月江駅付近で四六商店みたいな駄菓子屋?さんは一件あります。
しかし、撮影時には店仕舞をしてたためか面影が全くありませんでした。
スタッフが訪れた4年前にはあったかもしれません。

で、近くに自動販売機がありました。


山梨県付近ではよく見掛けるハッピードリンクショップと言う自販機群



サッポロ…もしや………




ありましたリボンシトロンはペルソナ4 ザ・ゴールデンとのコラボ缶。
自販機で買ったら普通にごろごろ出てきました。
普段からハッピードリンクショップでリボンシトロンを飲んでいたので、
この夏はP4G缶を沢山眺めて幸せでした。

地元では道に沢山あるハッピードリンクショップに必ずあるサッポロ自販機のリボンシトロンは身近でしたが入手困難だったんですね。
コラボ缶の発売を聞き試しに自宅周辺からハッピードリンクショップを巡りましたが、
必ずP4G缶に出逢えました。
探し回ったりネットで買う人が多々で本当に驚きました。

スタッフの年代を推測するにリボンシトロンがメジャーだったのでしょうか。
取材で訪れた街の自販機でリボンシトロンを見付け懐かしくなったので作中で取り上げたのかと思い馳せました。

アニメであるP4Aは舞台がまた違うとの事ですので、
そのうち訪れたいと思います。

リアル稲羽市は作中で受け取ったイメージの田舎の田舎ですが良い所です。
舞台である石和や富士吉田市は想像するより狭く小さい場所ですので、
目的とせず周囲の観光のついでに訪れるとガッカリが無いかなと地元民の意見です。

関東圏ですし都心からのアクセスも良いので是非。



<< | 3/4PAGES | >>

categories

profile

others

recommend

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
                 

sponsor